| コスメ クチコミ人気ランキング |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイクのクリームファンデーション

メイクをする際のファンデーションの種類の一つにクリームファンデーションがあります。クリームファンデーションというのはパウダーよりもリキッドよりもカバー力が強いと言われているのですが、艶っぽい肌を作ることができるファンデーションです。普段のメイクに使うのもいいのですが少し自分の肌よりも明るいトーンのものを選び、パーティーなどの華やかな場所へ行く際のメイクとして使うという方法もあります。


メイクの方法としては、スポンジを使って適量とります。そして頬などの範囲の広い部分の乗せて顔のまん中から外に向かって伸ばします。この際伸ばすというよりは、たたきながら伸ばしていくことがポイントになります。
クリームファンデーションメイクのカバー力がかなりありますが、ナチュラルさはなく、素肌との違いが明らかにわかりやすいですから、耳の周りや首の部分などもぼかしながらファンデーションを塗り込んだ方がいいでしょう。

クリームファンデーションは素肌が隠れるので、チークなどのメイクを重ねてできれば健康的な色を載せることもポイントです。普段のメイクの時よりもチークやアイシャドウ、シャドーなども強めに入れて濃くしてもちょうどいいくらいの仕上がりになると思います。
より肌をきれいに見せたい人や作ったようなメイクにしたいと思っている人などは、クリームファンデーションがいいかもしれません。クリームファンデーションはカバー力が抜群です。

スポンサーサイト

メイクのリキッドファンデーション

メイクをするときにリキッドファンデーションを使うという人も多いと思います。リキッドファンデーションを使うとより素肌に近いナチュラルな仕上がりにすることができるという特徴があります。乾燥肌の人がパウダーを使うと乾燥が目立ちますが、リキッドを使うと乾燥を抑えることもできるのでお勧めです。メイクをする際のリキッドファンデーションの塗り方についてですが少し指やスポンジにとってまずはおでこなどの範囲の広い部分から顔の内側から外に向かって塗っていきます。最初は塗り込むというよりもポンとおいてなじませる程度がいいでしょう。


皮膚が分厚い部分には少ししっかり目に塗って行って、皮脂の分泌が多めであるTゾーンといわれている部分や目の周り、口の周りなどメイク崩れが目立ってくる場所にはあまり多く載せないで、少し筆につけて叩き込むようにのせて行くのがポイントです。

ファンデーションをしっかりと肌の密着させるために、メイクの仕上げとして何もついていない状態のスポンジで叩き込むようにするというのもポイントです。この最後のメイクの仕上げをしておくことで、リキッドファンデーションのつけすぎを予防することができますし、乗り過ぎているファンデーションを取ることができるのでメイク崩れを防止することにもつながります。
きっちりパウダーよりもしっかりとしたメイクの仕上がりにしたいという人は、リキッドファンデーションがお勧めです。

メイクのパウダーファンデーション

メイクの際にパウダーファンデーションを使っているという人は多いと思います。パウダーファンデーションといいうのは、付け心地がふわっとしていてナチュラルな感じの仕上がりになります。皮脂の分泌が活発な人もファンデーションが皮脂を吸着してくれますし、ファンデーションを肌の表面に塗ることから毛穴も隠れて肌の表面のキメが整ったように見せてくれます。



メイクをする際にファンデーションを塗るという場合には、コンシーラーなどで肌の気になる部分のトラブルなどはあらかじめ隠しておいてから、スポンジに少しとって、顔のまん中から外に向かって少しずつ伸ばしていきましょう。一度に大量に伸ばすのではなくて少しずつ伸ばすことがポイントです。


メイクファンデーションの仕上げとしては顔全体になじませることがポイントです。化粧崩れをしてしまったという場合でもパウダーファンデーションは手軽に化粧直しができますし、皮脂の分泌によるテカリなども抑えることができます。
しかしパウダーファンデーションは厚塗りをしてしまうと肌が呼吸できなくなるので皮脂の分泌が活発になりますからそれはメイクが崩れる原因になるので気をつけまそう。
パウダーファンデーションは粉っぽくて乾燥しやすいと思っている人もいるのですが、メイク用品を販売しているブランドによっては、肌に密着して崩れないタイプ、パールが入っていてナチュラルな感じに仕上げるものなども販売されています。

メイクと日焼け止め

日焼けというのは様々な肌トラブルを起こすといわれています。たとえばシミしわの原因にもなりますし、肌の乾燥にもつながります。老化を早めるとも言われていますから、日焼け止めについてはしっかりとケアしていかなければいけません。メイクをする前に日焼け止めを塗るという場合には少し面倒に感じる人もいるかも知れません。しかし最近はUV効果があるようなメイクの下地クリームも販売されていますし、ファンデーションの中にもUV効果があり日焼け止めの役割を果たしているようなものなども販売されています。ですから、紫外線対策としてメイクの前に紫外線防止の成分が入っているものを塗るということを忘れないようにしましょう。

たくさんの量を一度に塗るのではなくて、少量を少しずつ重ねて塗っていった方が塗り残しなどもないのでいいと思います。顔に塗るというとどうしても頬やおでこなどには丁寧に塗るという人も多いのですが実際には、鼻、頬などの少し高くなっている部分が一番焼けやすい部分でもありますから、この部分に丁寧に日焼け止めを塗っておく必要があります。
日焼け止めというのはメイクと同じで汗で落ちますし、皮脂でも落ちやすくなっているので、紫外線によく当たるというような場合には何度も塗り直すといいと思います。
また紫外線を予防するためにメイクをしっかりとしていたとしても目から紫外線は体の中に入りますので、サングラスなども掛けて日常生活でケアしていきましょう。

メイクの下地クリーム

メイクをする前には下地クリームを塗ると思いますが、下地を塗る必要というのは毛穴を隠したり肌の凸凹を均等にするという働きがあります。化粧水乳液などのスキンケアをしてから、ファンデーションをすぐにしてしまうと、毛穴の凸凹や肌の凸凹があり、ファンデーションが均等につきませんしムラになってしまいます。ですからファンデーションを塗る前には下地クリームを塗ることからメイクが始まります。

下地クリームは少し手のひらにとってから温めておくことで肌になじみやすいですしすっと伸びるようになります。肌の表面だけにのせて塗っていくと肌が均等に見えませんから、強い力を入れる必要はありませんから、肌の内側から外側に向かってしっかりと塗り込んでいくというのが大切です。
メイク前に顔全体に下地クリームをきれいに塗って、さらに首にも塗っておきましょう。顔からその続きで伸ばしてはいけません。首につけるときは新しくクリームを手にとって伸ばしていきます。
きちんとベースメイクとしてメイク前に下地を塗りこんでおけば、あとからファンデーションやアイメイク、チークなど色々なものを重ねてつけて行くわけですが、それらがスムーズに重なっていきますし、崩れを防止することができます。
やはりメイクの基本となるベースの下地クリームの塗り方から間違っていたり、いい加減だったり塗らないというようなことの場合には崩れやすくなってしまいますし、あとから重ならないので注意しましょう。


| コスメ クチコミ人気ランキング |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。