FC2ブログ
| コスメ クチコミ人気ランキング |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイクの下地クリーム

メイクをする前には下地クリームを塗ると思いますが、下地を塗る必要というのは毛穴を隠したり肌の凸凹を均等にするという働きがあります。化粧水乳液などのスキンケアをしてから、ファンデーションをすぐにしてしまうと、毛穴の凸凹や肌の凸凹があり、ファンデーションが均等につきませんしムラになってしまいます。ですからファンデーションを塗る前には下地クリームを塗ることからメイクが始まります。

下地クリームは少し手のひらにとってから温めておくことで肌になじみやすいですしすっと伸びるようになります。肌の表面だけにのせて塗っていくと肌が均等に見えませんから、強い力を入れる必要はありませんから、肌の内側から外側に向かってしっかりと塗り込んでいくというのが大切です。
メイク前に顔全体に下地クリームをきれいに塗って、さらに首にも塗っておきましょう。顔からその続きで伸ばしてはいけません。首につけるときは新しくクリームを手にとって伸ばしていきます。
きちんとベースメイクとしてメイク前に下地を塗りこんでおけば、あとからファンデーションやアイメイク、チークなど色々なものを重ねてつけて行くわけですが、それらがスムーズに重なっていきますし、崩れを防止することができます。
やはりメイクの基本となるベースの下地クリームの塗り方から間違っていたり、いい加減だったり塗らないというようなことの場合には崩れやすくなってしまいますし、あとから重ならないので注意しましょう。

スポンサーサイト

メイクと乳液・クリーム

メイクをする前には乳液クリームをつけているという人も多いと思います。手やコットンに乳液をとって顔全体に塗っていくのですが、メイクをしていて乾燥しやすいと言われている目の周り、頬の周り、口の周りには、特に念いりにつけるといいと思います。乳液クリームよりはさらっとしているのですが、特に乾燥が気になっているという部分には、保湿力が乳液よりも優れているクリームを使うといいと思います。
もしもメイク前に時間があるというときは、目の下の乾燥しやすい部分やほうれい線が出やすい部分に乳液をたっぷりとのせて、5分ほど放置します。そして5分たったら優しく肌にしみこませるためにたたき込むとより浸透力もアップしますし、なじみやすくなります。

しっかりとメイク前に念入りに保湿のために乳液クリームを塗っておくだけで、肌のハリが違ってきますしメイクのノリも随分違ってきます。しかし注意しなければいけない点というのは、つけすぎてしまうと油が逆に出てしまいます。
皮脂が活発に分泌さることと表面にかなりたくさんついてしまったことによって化粧崩れが起きる可能性もあるのでその時は軽くティッシュで拭きとってからメイクをすることがポイントです。
メイクを長持ちさせて化粧崩れを防ぎたい、乾燥から守りたいと思っている人は、特に乳液やクリームの扱いには注意して、乾燥しやすい部分を重点的にケアしていくということがポイントになってきます。


| コスメ クチコミ人気ランキング |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。